▌ 次回のアップはお休みします&「出雲と大和」展

すみません、次回の新商品アップはお休みします。

ご紹介する商品がないので、今頑張って作っています。

次回は間に合うといいのですが…申し訳ありません!

 

 

先日、上野の国立博物館でやっている「出雲と大和」に行ってきました。

勾玉を目当てで行ったのですが、いやー、全部すごかったー!

まず入ってすぐに出雲大社の宇豆柱(うずばしら)。これが大迫力!

3本1セットで、古代の巨大神殿と言われていた昔の出雲大社の本殿を支えていたそうです。

あとは多数の銅鐸や銅鏡、剣(七支刀がかっこいいです)、

もちろん勾玉(翡翠や花仙山の瑪瑙とか…)も、素晴らしいものばかり!

最後の方に仏像もあって、憧れの唐招提寺の四天王のうち広目天と多聞天(なんだかそこだけ空気が違う)、

當麻寺の持国天(めちゃくちゃ美しいですよ)、萬福寺の四天王(四体揃って迫力満点)も本当に素晴らしかったですよ!

あんなに近くに寄って観れることなんてないので、感動してしまいました。

 

 

 

自分お土産。

左の勾玉、ミュージアムショップに石屋さんが出ていまして…買っちゃった(笑)。

出雲市の鏡山で産出する岩石だそうで「鏡石」と呼んでいましたが、今回の記念に。

右の遮光器土偶は会場出たところにあったガチャガチャで出ました。

本当は銅鐸か銅鏡を狙っていたんですけどね、でもこの土偶も縄文展で観て好きだったのでうれしかったな。

 

 

そして次は同じ国立博物館の別館でやっている「人、神、自然」展へ。

これも観たかった展示で、間に合ってよかった!

 

 

 

この展示もものすごく良かったですよ!

グァテマラの翡翠のマスクやエジプトの石像、金のジュエリー、飾りなどもう素晴らしいものがずらっと…!

石で作られたものも多くて、瑪瑙とかラピスとかの彫刻ものもありました。眼福。

好きだったのは小さな精霊の像。

地域は違っても、そういうものの認識が世界で共通しているような気がしました。

美しく力強い古来からの名品を堪能できた、良い休日でした。


Comment








   

Profile

「m.u.m(ムームと読みます)」はちょっと珍しく面白い天然石で、一点もののジュエリーを制作しています。同じものがふたつとない天然石の世界をお楽しみいただけましたら幸いです。

こちらのブログでは新作のご紹介や制作時の様子、仕入れた石たちのあれこれ、そしてデザイナーのちょっとした日々の出来事を綴っています。

WEB SHOPはこちらからご覧ください!
https://shop.mum-jewelry.com

商品についてのお問い合わせは、こちらのメールフォームからお願いいたします(WEB SHOP内のお問い合わせフォームにリンクしています)。

Selected Entries

Categories

Search

Links

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archives

Recent Comment

Others

Mobile

qrcode